MENU

 いきなり6万円も請求されてしまって、顔が青ざめてしまったんです。
そんな話は全くしていないと反論はしたものの、支払いをしなければ怖い人たちを呼ぶと恫喝されてしまったのでした。
烈火のごとく怒っている女性を前にして、どうしようもない状態になってしまったのです。
相手に脅迫をされてしまったこともあり、近くのコンビニのATMで金を引き出し手渡して無事に別れることができたのでした。
この瞬間ほんとに安堵感に包まれたのでした。
そんな話は全くしていなかったのに、いきなり高額な請求をされてしまってかなりショックを受けてしまったのです。
失意の中、自宅に帰ろうとトボトボと歩いている時にたまたま同僚と出くわしてしまいました。
「なんだ元気がないじゃないか」
「実はさ今…」
レンタルルームでセックスをすることは出来たけれど、大金を支払わされてしまったことを伝えてみたのです。
「ぼったくられちまったのか?」
そう言って近くの居酒屋に連れて行ってもらったのです。
そこで詳しい話をすると、同僚はこの世界には精通しているらしく大変詳しい話を聞かせてくれたのです。
「いまどき割り切りって言うのはさ、タダでセックスをするって意味じゃないんだぜ」
「どんな意味で利用されてるわけ?」
「今では基本は援助交際を指していてさ、ホ別2と隠語でやり取りされてんだよ」

たしかにホ別6という暗号めいた文字は割り切り掲示板に書かれていたような気がしました。
しかし、意味が分りませんでしたからスルーしてしまっていたんです。
これはホテル代は別で6万円を支払うという意味に利用されていると同僚に教えてもらうことができました。
そのような裏事情を全く知らないで、気ままなセックスを無料でできると思っていたために大きな失敗をしてしまったのです。
しかも6万というのは援助交際の中でも、法外な値段だと言うのです。